業務請負サービスの日本アウトソーシング

アウトソーシング(業務請負)とは

「請負」とは、受託者が自己の裁量と責任の下に自己の雇用する労働者を直接使用して仕事を完成させることを言います。製造現場の構内請負として、最小の指揮命令の下で就業することになります。

 

人員数の問題解決だけではなく生産活動全体へと波及することがアウトソーシングの効果といえます。外部ソースとノウハウを有効に活用することにより生産性の向上が実現します。 日本アウトソーシングでは多くの課題解決実績を基にサービス品質向上に努めています。

お客様業務負担の軽減

「現場作業指揮」「作業計画の立案」「スタッフ教育」などの業務を代行。

人員管理の効率化

採用や勤怠等に関する諸業務を含めて委託することが可能となり、業務の効率化を実現。

生産管理の質的向上

外部ノウハウを活用することにより、品質の向上などコスト削減と生産性向上を実現

適正な請負現場づくりの実現

人材育成に欠かせない管理者(指導者)の能力向上と、より作業を円滑に進めるための組織体型を実現します。

flow

請負事業所には、常駐管理者を配置し、本社請負専門部隊が管理者育成および事業所の運営管理を行い、適正な請負現場づくりをしています。リーダーおよび管理責任者は次の業務を行います。


●お客様の生産計画に対する日程進度管理
●製品の品質確保と不良防止
生産性向上に対する改善と協議の実施
作業の安全管理と職場の改善運動促進
●作業スタッフの労務管理
●出勤管理と欠勤防止
●健康管理
●カウンセリングによる人間関係向上
●作業スタッフのモラル、レベル向上教育
●その他突発事項の処理と

Scroll Up